Information
ホーム疾病別ブログ > パーキンソンの治療
  • mixiチェック

パーキンソンの治療

■2015/05/19 パーキンソンの治療
パーキンソン病は難病だからよくならないと思っていませんか?

パーキンソン病は最もよく研究されている難病のひとつで、最もたくさんの治療法が開発され、今も次々と開発されている疾患です。

パーキンソン病は治療により症状が改善される病気です。病気のことをよく知って、症状が進行しないように努めることができるのはあなた自身です。
 
どのくらいの患者さんがいるのでしょうか
10万人あたり50 - 100人(有病率)の患者さんがおられます。
発病はほとんどが初老期(50歳台後半)で、一部が若年発症(40歳以前)で、一般的には(若年性の一部以外)遺伝しない疾患です。

 
おもな症状 
動作緩慢(無動)、手足のふるえ(安静時振戦)、筋肉のこわばり(筋固縮)が主な症状で次のような症状もみられます。
仮面様顔貌、発語障害(小声、どもる)、書字困難、手の細かい運動の障害
精神症状(反応が遅い、うつ状態)
歩行障害(こきざみ歩行、前かがみ、突進歩行、すくみ足、腕振りの消失)
姿勢反射障害(姿勢バランスが崩れた時によろめいたり、こけたりする)
自律神経症状(便秘、たちくらみ:起立性低血圧)。

 
病気の経過    
治療法の進歩により寿命は一般平均と変わらなくなっています。症状の経過は人それぞれですが、発病後10年で少し介助が必要になる人が半分くらいのごくゆっくりした経過です。


ヤールの5段階病期
1期:手足の片側のみの症状の時期 
2期:両側に症状があるが、ふつうの生活可。
3期:姿勢反射障害が出はじめる。仕事可。
4期:介助歩行がいる。
5期:車椅子が必要。


病因
中脳の黒質神経細胞が徐々に減少する(変性)ため黒質で産生される神経伝達物質のドーパミンが減少し、運動の制御機構である黒質線条体系が働かなくなりパーキンソン症状がおこります。


パーキンソンの治療穴

頭部鍼 常用穴:脳空

配穴:前頂、百会(ひゃくえ)、承霊、懸顱(けんる)、
天衝(てんしょう)、通天

 

配穴:足三里、命門、関元

 

配穴:全身症状がはっきりしている時は風池(ふうち)、太谿(たいはい)、肝兪(かんゆ)、陽陵泉(ようりょうせん)を加える。


上肢の震顫には通里(つうり)、曲沢、三陰交(さんいんこう)、肝兪(かんゆ)、後谿(こうけい)、合谷(ごうこく)を加える。

 

体鍼
常用穴:四神聰、風池、曲池、合谷、陽陵泉、太衝。
配穴:口が乾いて舌尖が赤いものには復溜を加える。
腰脊が強ばって怠く、痛いものには命門と腎兪を加える。

便秘で舌苔の黄色いものには足三里を加える。

うまく喋れないものには上廉泉と聚泉を加える。

上廉泉の位置:甲状腺軟骨の上陷凹部の上1寸、廉泉穴の上1.5寸。

治療法
 常用穴には毎回4~5穴を使い、症状によって配穴を組み合わせる。

 常用穴はすべて瀉法で、復溜、命門、腎兪には補法を施し、足三里、上廉泉、聚泉は瀉法を用いる。

 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
柴田整骨院
http://www.shibata-seikotsuin.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:三重県桑名市柳原181
TEL:0594-21-5335
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://p.tl/fkDS
Twitter:http://p.tl/TsfS
mixi:http://p.tl/b23h
ameblo:http://p.tl/-AnL
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
疾患別メニュー
CONTENTS
INFORMATION
柴田整骨院外観

■所在地

〒511-0042
三重県桑名市柳原181


■TEL

0594-21-5335
■診療時間

平日
8:30
12:00、15:00~19:00
木・土
8:30
12:00

■休診日

日曜日・祝祭日

ページ上部へ