Information
ホーム疾病別ブログ > 運動器症候群(ロコモティブシンドローム)
  • mixiチェック

運動器症候群(ロコモティブシンドローム)

■2015/05/24 運動器症候群(ロコモティブシンドローム)
 第2の国民病・ロコモティブシンドローム

ロコモティブシンドロームとは、運動器症候群のこと。

足腰の筋肉、関節、骨などの機能がおとろえ、将来、寝たきりや要介護になるリスクが高い状態のことです。

肥満、筋力不足などの原因によって早ければ40代で症状が見られる人も増えています。

今、厚生労働省はロコモティブシンドロームを第2の国民病と位置づけ、対策を呼びかけています。

あなたの危険度がチェックできる ロコモティブシンドローム チェック

変形性膝関節症
ロコモティブシンドロームの大半を占めるヒザの症状のなかで最も多いのが変形性膝関節症です。

ヒトが歩いたり、運動する時、ヒザには体重の3倍から5倍の重量が常にかかっています。

ヒザ関節は骨と骨が直接あたらないようにヒザをとりまく筋肉や腱によって守られることで自由に動くようになっています。

ヒザを動かしているのは関節ではなく筋肉なのです。
このヒザを支える筋肉のおとろえからおこるのが変形性膝関節症。

ヒトの筋肉は25才頃をピークに、年々1%ぐらいづつへっていくため、早い人は40代でヒザの筋肉のおとろえからくるヒザの痛みや異常を訴える人が増えているのです。
 
運動療法
一日わずかの時間で、ヒザを支える太モモなどの筋肉を鍛え、しっかりした筋肉をとりもどすことでヒザ痛を改善し、ロコモティブシンドロームの予防にもなるのが運動療法です。

大切なのは変形性膝関節症であっても痛みがあるからといって、外出をさけたり運動しなくなったりしないで、治すという目的を持って無理のない程度の運動療法をつづけることが大切です。

運動療法によってしっかりした筋肉がよみがえり血液の循環がよくなるとヒザの機能も改善できるのです。

https://www.sennenq.co.jp/enjoy/images/locomo/02_illust_01.jpg

バランス立ちをよくする 開眼片足立ち 左右1分ずつ 1日3回
転倒しないように、必ずつかまるものがある場所で行いましょう。
床に着かない程度に片足を上げます。

足腰の筋肉をつける スクワット 5~6回くり返し 1日3回
足幅を腰幅より広めに取り、いすに腰をかけるように、お尻をゆっくりおろします。
 
お灸は温熱でツボをあたため血行をよくすることで、ヒザをとりまく筋肉のすみずみにまで血液を送りヒザの運動を支える筋肉の働きをよみがえらせます。

そしてヒザへの血液の循環がよくなることで新陳代謝を高め、ヒザの炎症も修復するのです。
 
ロコモティブシンドロームの防止には運動療法と
お灸がおすすめです。
 
https://www.sennenq.co.jp/enjoy/images/locomo/03_tuboPic.jpg

ヒザのお皿の上、外側から指3本上。
ヒザのお皿の上、内側から指3本上。

膝蓋骨(しつがいこつ)のすぐ下の内側のくぼみと外側のくぼみの中にあります。2ヵ所でちょうど膝の目のように見えます。

ヒザの外側のとび出した骨のすぐ下のへこんでいるところ。

膝蓋骨(しつがいこつ)のすぐ外側にあるくぼみから、指幅4本下がったところですねのふちにあります。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
柴田整骨院
http://www.shibata-seikotsuin.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:三重県桑名市柳原181
TEL:0594-21-5335
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://p.tl/fkDS
Twitter:http://p.tl/TsfS
mixi:http://p.tl/b23h
ameblo:http://p.tl/-AnL
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
疾患別メニュー
CONTENTS
INFORMATION
柴田整骨院外観

■所在地

〒511-0042
三重県桑名市柳原181


■TEL

0594-21-5335
■診療時間

平日
8:30
12:00、15:00~19:00
木・土
8:30
12:00

■休診日

日曜日・祝祭日

ページ上部へ