Information
ホーム疾病別ブログ > 【精神神経疾患】レイノー病
  • mixiチェック

【精神神経疾患】レイノー病

■2016/09/08 【精神神経疾患】レイノー病
当疾患は寒冷に対して血管が過剰反応を起こして収縮し、循環が悪くなり、手足の指が蒼白になるものですが、原因が不明です。 通常は蒼白、チアノーゼ、紅潮の3色に変化し、症状が左右対称に現れるのが特徴です。 

指や爪先の細動脈の収縮は、殆どが寒気に晒されることが切っ掛けとなって急速に起こり、数分から数時間続きます。指は普通、斑状に青白くなります。この現象は単指だけに診られる場合も複数に診られる場合も有ります。指が傷つくことはありませんが、痺れや、刺す様な痛みがある、チクチクする、火照り感の症状が診られます。発作が終わると、障害された部分は普通よりも赤くなったり青みを帯びたりします。手や足を温めると正常な皮膚の色と感覚が回復します。

しかし、特に強皮症の患者では、レイノー現象が再発して長引く様になり、手や足の指の皮膚が光沢を帯びて突っ張る様になります。指の先端に小潰瘍が生じる場合も有ります。

正常なら、気温などの環境の変化に応じて、四肢の動脈は拡張したり収縮したりします。当疾患の様な機能性末梢動脈疾患は、正常な動脈の拡張と収縮のメカニズムが過剰に働くことにより発症します。この病気にかかった動脈は、より激しく頻繁に収縮します。こうした収縮の変化は、血管の遺伝的欠陥、動脈の拡張と収縮をコントロールする交感神経系の障害、迷走神経系障害、怪我、服薬、が原因で引き起こされます。

当疾患の治療で用いられる経穴は以下の通りです。
曲池(肘関節を屈曲して生じる横紋の外端)
人迎(甲状軟骨上縁と同じ高さ且つ胸鎖乳突筋の前縁)
懸鐘(腓骨前方、外果尖上方3.0寸、別名「絶骨」)
三陰交(脛骨内縁の後際、内果尖上方3.0寸、「逆子」の処置でも用いられる(→「至陰」と併せて))


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
柴田整骨院
http://www.shibata-seikotsuin.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:三重県桑名市柳原181
TEL:0594-21-5335
---------------------------------------------------------------------
Facebook:http://p.tl/fkDS
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
疾患別メニュー
CONTENTS
INFORMATION
柴田整骨院外観

■所在地

〒511-0042
三重県桑名市柳原181


■TEL

0594-21-5335
■診療時間

平日
8:30
12:00、15:00~19:00
木・土
8:30
12:00

■休診日

日曜日・祝祭日

ページ上部へ